ガジェット

【Jabra Elite 65t】AirPodsはダサい!最強完全独立型Bluetoothイヤホン(WTF)

Elite 65tはAirPodsを差別化する。

AirPodsが発売当初は「耳からうどん」って言われていたのに都会ではすっかり当たり前になってきましたね。

でもね、そこのガジェット好きのあなた!

周りの人と一緒が嫌いなあなた!

思考停止でAirPodsを使ってる人に勝ち誇りたくないですか?

(ガジェット好きとしては街の人や友人に最新だとかデザインとかで勝ちたいんじゃないの?ぼくだけ?)

そこで同等以上の機能を持ったカッコいいデザインの最強独立型Bluetoothイヤホン、

JabraElite 65tをレビューしていきます。

 

デザイン

65tを選んだ決め手はデザインでした。

これはマジでうどんを見下せるほどカッコいい仕上がりになっています。

 

Amazonのページで見るほど銀色の部分はそれほどメカメカしくないので、街中でも悪目立ちはしないのもポイントですね。

 

ほかの独立型Bluetoothイヤホンって黒一色のものが多かったりします。

でも、黒一色って地味だし他の人にデザインで勝ちほこりたい人にとっては65tは非常に魅力的です。

 

そして、ケースはコンパクトでズボンのポケットにもすっぽりと。(多少もっこりはしますが笑)

気軽に持ち運べるサイズ感になっています。

 

ワイヤレスイヤホンを検討しているあなたが気になるのは、フィット感ではないですか。

65tは意外と筐体は大きいし、B〇seのイヤホンみたいにフランケンになるんじゃないかと心配している人には朗報です。

確かに筐体は大きいですがこれが意外ときれいに耳にフィットしちゃいます。

 

耳に差してから後ろにねじるというコツがいりますが。(説明書に書いてあるのですぐわかります)

また、前からの見た目もフランケンにはならずにスマートに見えます。

 

バッテリー

ワイヤレスイヤホンで特に重要視されるバッテリーですが、

Jabra Elite 65tは、

本体で5時間 + ケースで10時間 = 合計で15時間もちます。

 

対するAirPodsは、

本体5時間のケースで充電することによって24時間もつと公表されています。

合計のバッテリー持続時間では劣りますが、正直一日中イヤホン付けっぱなしにすることは滅多にありません。

それに本体の差はないので数日間ケース充電したくない人ぐらいしか気にならないです。

 

筆者の場合は一日で5時間以上イヤホンすることはほぼないので適当に2日に1回ぐらいで充電してますね。

 

途切れにくさ

続いてBluetoothイヤホンでよくある音の途切れにくさですね。

65tはNFMIという技術が用いられていまして、片方だけ聞こえないということはまずないと思っていただいていいかなと思います。

また、Bluetooth5.0対応のため途切れにくく、省電力になっています。

 

電波の途切れやすい場所って都会の人込みなんです。

しかし、筆者は何度も新宿駅や渋谷の街中などにも行っていますが、他のBluetoothイヤホンに比べて途切れる回数は極めて少ないです。

 

一日中歩いてても数回レベル。

 

ここに関しては本当に使ってみないと機種ごとの違いがわかりません。

 

65tの接続性は現状のイヤホンのなかでは、間違いなくトップレベルです。

注意点として当然ではありますが、書店や電気屋などの扉のちかくに設置されている盗難防止のゲートではすべての電波が遮断されますのでどのBluetoothイヤホンでも途切れます。

 

音質

はっきりと言います。音質にすごくこだわる人にBluetoothイヤホンはおすすめしません。

同じレベルの音質なら有線のイヤホンのほうが断然安いです。

あくまでもBluetoothイヤホンの中での比較をします。

お値段が高いこともあって、音質は上位クラスです。

 

65tの特徴は低音です。

耳にあったイヤーチップをつければよりいい感じで響いてくれます。

 

さらには、後に紹介する専用アプリからイコライザーをいじれるので自分だけの好みの音に調整できるのも大きなポイントです。

 

また、通話時にはこれも後で紹介するんですが、外音取り込み機能を使うことで自分の声もよく聞こえるので非常に話しやすいし聞きやすいです。

通話に関しては筆者のお気に入りポイントでもあります。

 

機能

HearThrough(外音取り込み機能)

外音取り込みといばSONYのイヤホンなどが有名ですね。

イヤホンをつけたままでも周りの音を聞けるという便利な機能です。

 

65tに関して言えば、通話時は非常に使いやすいのですが、周囲の音をはっきりと聞けるわけではないです。

専用アプリからHearThroughの音量を変更できるので筆者は音量MAXに設定していますが、それでもSONYとかと比べると劣ります。

 

物理ボタン

右のファンクションボタンで音声の再生/一時停止と通話の応答と終了。

右ボタン2回押しでHearThrough、長押しで音声アシスタントの起動。

左の上下ボタンで音量上下、上ボタン2秒長押しで次の曲/下ボタン2秒長押しで前の曲にスキップ。

 

専用アプリ

専用アプリのJabra Sound+がこれまた超いいんです。

いくつか紹介しますね。

 

イコライザー

イコライザーを使うことで周波数ごとに聞こえやすさを調節できるので自分好みのサウンドに設定することができます。

 

ライブ会場みたいに心臓にひびくようにしたい場合は、

低い周波数のところのボリュームをあげて音量もあげちゃう。

ワイヤレスイヤホンの割にはなかなかの楽しさで音楽に入り込めますよ。

 

逆にアーティストの歌声をしっかり聞きたい場合は、

その人の歌声がよく聞こえる周波数帯のところを上げてあげる。

これは男性か女性かで数値が変わることがおおいですね。

 

シチュエーション別設定

標準であるのは、基本設定と通勤とフォーカスです。

シチュエーションごとにワンタップで切り替えができるので自分のお気に入りの設定を保存しておいて瞬時に切り替えられます。

 

バッテリー残量表示

iPhoneの場合はBluetooth機器のバッテリー残量は簡単なイラストで画面上部に表示されますが、こちらでは%表示してくれますので地味にありがたいです。

 

製品登録

購入してから自分の名前とメールアドレスを登録すれば、

水と埃による障害の2年間保証に登録できます。

水没に対する保証って地味にありがたいんですね。

 

まあ、防水性能を備えているので大丈夫だとは思いますが、

登録することで雨の日でも安心してお使いすることができます。

マルチポイント

マルチポイントは同時に2台のデバイスに接続することができる機能になります。

例えばPCとスマホ、スマホ2台持ちの方で両方に接続したい人向けですかね。

これは必要な人にはうれしい機能ですが、普段使いする分にはなくても問題はないです。

 

これさえ改善できれば完璧なのに・・・

ケースから出すときに落ちやすい

ケースにイヤホン自体の磁力でスポっと入るはずなんですが、

この磁力の力が結構弱いです。

なので、落ち着いて取り出せば問題ないのですが急いでるときとか酔っぱらっているときに取り出そうとして落としてしまったことが何度かあります。